うちなあぐち文法提要第三章A.動詞編第二節「活用形」   

第二節 ―活用形の展開―

活用形の展開を語幹ごとに図示する。

以下では基本語幹をxxx- , 連用語幹をxxx'- , 音便語幹をxxx*- ,で表し、
各活用形もこれに準じる。


①基本語幹xxx- から展開する活用形・派生形


未然形xxx-a →志向形xxx-a (終助詞na「勧誘」、接続助詞yaka(比較)が後続可)
        未然仮定形①xxx-a-ba(文語的、定型表現のみに使用か?)
        譲歩条件形xxx-a-wan 「(たとえ)~であろうが」(未然仮定形①の派生)
        未然仮定形②xxx-aa 「いやしくも~ならば、(必ず~)」の意。頻出せず
        受動・可能形xxx-a-riyun/in(ラ行活用)「~される、~できる」
         (↑可能形は動作対象が主語になることが多く、状況可能の意味が強い)
        使役形①xxx-a-sun(主動詞がサ行活用以外の場合・この活用形自体はサ行活用)
        使役形②xxx-a-shimiyun/in(主動詞がサ行活用の場合・ラ行活用)
        嫌厭形xxx-a-npaasun「~したがらない」(サ変「すん」活用)
        否定形xxx-an(この形で連用・単純・終止・連体形として使用、疑問助詞i 後続)
        否定派生形:否定過去形xxx-an-ta-(直接過去・間接過去の区別なし)
                  (↑これに単純形グループ接辞(後述)が後続する)
                否定回想形xxx-an-tee-(単純形グループ接辞が後続)
                否定接続形xxx-an-ti「~しないで」(係助詞-ya, -n 後続可)
                否定普遍条件形xxx-an-/ainee (/ はn とa の非連音を示す)
                      (↑「~しないと、~(になる)」の意)
                否定仮定条件形xxx-an-dee (「~しないなら、~」の意)
                否定付帯状況接辞xxx-an-a, xxx-an-/yooi, xxx-an-/ai など
                       (↑「~せずに、しないままに」の意)
                否定連用係り結び形xxx-an-ru(「どぅ」の結びに使用)
 
          ※以上のような否定形と否定派生形の、xxx-an- の後に接続可能な
            接辞全ての集合を「否定形グループ接辞」と称することにする。

禁止形xxx-u-na(禁止命令に用いる。古典文法の終止形だが、沖縄語ではこの用法しかない)

已然・命令形xxx-i →確定条件形xxx-i-ba(「~すると、~」、文語的)
             義務形xxx-i-waduyaru(古典日本語の「~なればこそである」に対応)
              (↑-saなどの終助詞が後続するとyaruが単純形になりya-saとなる)
             命令形①xxx-i (いささか、古風ですました語感)
             已然・命令形の派生形:仮定条件形①xxx-ee(「~ならば、~」の意)
                            命令形②xxx-ee (こちらをよく用いる)

  ※本提要ではxxx-ee形をxxx-iの派生形(-i+ya=ee?)として設定しています。
   これは、沖縄語の基本語幹を基軸とした「四段変化」をa, 'i, u, i として
   古典日本語の四段変化と対応させたほうが、
   歴史的にはより正しい説明と思われ、体系としても美しいと感じられるためです。  


②連用語幹xxx'-から派生する活用形・派生形


連用形xxx'-i(i)(用言と接続し、複合用言を形成する。また助詞gaが後続して目的を表示)
      ※以下が連用派生形(重要な複合用言も掲出する)
        能力形xxx'-i-yuusun(不規則変化)「(動作主が)~できる」
        尊敬形xxx'-i-miseen(不規則変化)尊敬語より多少丁寧語に近いニュアンス。
        様態形①xxx'-i-gisan(形容詞変化)「~のようだ、~しそうだ」
        様態形②xxx'-i-gisaasun(サ変「すん」変化)「~そうにする」
        希求形xxx'-i-busan(形容詞変化)「~したい」
        容易形xxx'-i-yassan(形容詞変化)「~しやすい」
        困難形①xxx'-i-gurisan(形容詞変化)「~しにくい」
        困難形②xxx'-i-kantisun(サ変「すん」変化」「~しかねる、~しづらい」
        普遍条件形xxx'-i-inee「~すると、~(になる)」
        付帯状況接辞xxx'-i-gashii, xxx'-i-ganaa, xxx'-i-naganaなど
               (↑「~しつつ、~しながら」の意)

丁寧形①xxx'-abiin(本動詞がラ行変化以外の場合、活用形自体はラ行変化)
丁寧形②xxx'-yabiin/-ibiin(本動詞がラ行変化の場合、活用形自体もラ行変化)

単純形xxx'-u(疑問助詞mi, ga, naa, 接続助詞kutu, shiga, 推量助詞sani, gayaaなどの助詞、
         および準体名詞shi「~こと、~の(助詞-ya, -n, -gaが後続可)」が後続。)
        ・ラ行動詞ではxxx'-i- となることが多い(以下の派生形でも同様)。
        ※単純派生形:間接過去形xxx'-u-ta-(単純形グループ接辞が後続)
                 (↑丁寧形は後続しない。丁寧形自体を間接過去形にする)
                 (↑主に3人称に使用。古典日本語の「けり」のニュアンス?)
                 回想形xxx'-u-tee-(単純形グループ接辞が後続)
                   (↑「~だったものだなあ」というニュアンスらしい)

 (以下の終止形・連体形・推測形は、上記の単純形の派生形とみなすことができる。)

終止形xxx'-u-n(言い切りの形。doo, yaa等の終助詞、接続助詞nee(shi)などが接続)
          ・ラ行動詞ではxxx'-i-n- となることが多い(以下の派生形でも同様)。
          ※終止派生形:比況形①xxx'-u-n-/neesun(サ行変格(すん)変化)
                 意向形xxx'-u-n-chiyan「~するつもりだ」(「やん」変化)

連体形xxx'-u-ru(体言に接続。副詞anshi, 助詞du の結びに使用、その際疑問助詞 i が後続可。
           また、baa(疑問・自問), munu(理由・逆接理由・強調)等の助詞も後続)
          ・ラ行動詞ではxxx'-i-ru- となることが多い(以下の派生形でも同様)。
          ※連用派生形:比況形②xxx'-u-ru-gutoon (-oon変化(不規則))

推測形xxx'-u-ra(常に係助詞gaの結びとして現れる。「~だろうか」。
          疑問の意を含んだ名詞従属節にも用いられる「~なのか(知っている)」)
          ・ラ行動詞ではxxx'-i-ra となることが多い。
          ※推測派生形:仮定条件形②xxx'-u-raa/ree「~なら、~」
             ・ラ行動詞ではxxx'-i-reeが専ら使われる。

    ※以上のような単純形・終止形・連体形・推測系における、xxx'-u- の後に
      接続可能な接辞全ての集合を「単純形グループ接辞」と称することにする。



③音便語幹から派生する活用形・派生形

音便接続形①xxx*-i 「~して」(帰結文のほか、係助詞-ya, -n が後続可能)
                (また、特定の動詞と結びついて定型的な表現を作る)
                 ex. xxx*-i + njun 「~してみる」
                  ?ichun 「~していく」
                  cuun「~してくる」
                  kwiyun/in, turasun「~してくれる」
                  ?utabimiseen「~していただく」
                  neen「~してしまった」(既遂形)
                                 
音便接続形②xxx*-aani, -aai「~して、~することによって」(理由・根拠のニュアンス)

並列形xxx*-ai xxx*-ai (sshi)「~したり、~したり( して )」

直接過去形xxx*-a-「~した」(単純形グループ接辞が後続、丁寧形は後続せず)
                 話者の直接経験の範囲内と想定される事態に使用される。
                 古典日本語の助動詞「き」に近いか?

直接過去疑問形xxx*-ii (xxx*-a-miよりこちらが一般的か?)

現在完了形xxx*-ee-「~してある、もう~している」(単純形グループ接辞+丁寧形②が後続)
              (意味上、進行形と明確に使い分けるので要注意)
  (派生)→過去完了形xxx*-eeta- (単純形グループ接辞が後続、直接・間接の区別なし)
        完了回想形xxx*-eetee-(単純形グループ接辞が後続)
        現在完了否定形xxx*-eeneen(否定形グループ接辞+丁寧形②が後続))
        過去完了否定形xxx*-eeneenta-(単純形グループ接辞が後続)
        完了回想否定形xxx*-eeneentee-(単純形グループ接辞が後続)

現在進行形xxx*-oo-「(いま)~している、~しかかっている」(-oon変化(不規則))
  (過去進行形、進行回想形etc. は-oon変化から規則的に導出できるが一応掲出する)
  (派生)→過去進行形xxx*-oota- (単純形グループ接辞が後続、直接・間接の区別なし)
       進行回想形xxx*-ootee- (単純形グループ接辞が後続)
       現在進行否定形xxx*-ooran (否定形グループ接辞が後続)
       過去進行否定形xxx*-ooranta-(単純形グループ接辞が後続)
       進行回想否定形xxx*-oorantee- (単純形グループ接辞が後続)
     (以上各形の丁寧形はxxx*-oo-ibiinから導出、
      過去進行形はxxx*-oo-ibiitan、やはり直接・間接の区別なし)

予備形xxx*-oocun 「~しておく」(カ行変化)


以上で沖縄語の動詞の体系をほぼ完全に記述することができました。
次は、不規則動詞を扱います。



         
[PR]

by bulbulesahar | 2011-06-21 01:10 | ウチナーグチ(沖縄語)

<< うちなあぐち文法提要第三章A.... うちなあぐち文法提要第三章A.... >>